セノビック効果とクチコミまとめ!セノビックって、じっさいどうよ?

セノビック


ロート製薬から発売されている子ども向けの成長期応援飲料「セノビック」は、発売から10年以上も売れ続けているベストセラー商品です。

セノビック(ヨーグルト味)

店頭販売はされておらず、ロート製薬の公式サイトでしか購入できないにもかかわらず、累計販売数1000万袋以上も売れている大ヒット商品です。

カルシウムだけでなく、ビタミンDや鉄分など、成長期に欠かせないビタミンやミネラルがバランスよく含まれているため、ふだんの食事だけでは不足しがちな栄養素が手軽に摂取できることが特徴ですが、セノビックを飲むだけで身長は伸びるのか、あやしく感じますよね(苦笑)

わたしは自分の子供(娘)がかなり小柄だったので、伸長を伸ばしてあげたいというより、十分に栄養が採れるようにという意味合いでセノビックを飲ませ始め、かれこれ5年以上経過していますが、その間に数多くの類似商品も試しました。

そこで、自分の子どもに飲ませた経緯や、じっさいに飲ませてみた結果、数多く出回っている口コミなど多方面から、セノビックをあらためて検証したいと思います。

セノビックは効果があるのか?

結論からいえば、セノビックに十分な効果を感じることが出来ました。

くわしくは以下の記事でまとめていますので、併せて読んでみていただければと思います。

セノビックを3年間飲んでみた効果と結果~当時4歳だった娘の身長はどうなったか?

わたしの家族はわたしが身長170センチに満たないうえ、嫁に至っては140センチチョイしかないので、もともと不利な条件でした。

案の定、こどもも小柄な体格で、幼稚園に遊園した頃は、伸長順で並ぶといつも一番前という状態でした。

ただ、幼い時からよく動き回る子で、運動量はかなりあったと思いますが、食事の好き嫌いがけっこう激しくて、とくに野菜類をあまり食べようとしてくれなかったのです。

そうすると、どうしても栄養が偏ってしまいます。

牛乳や小魚は割と食べてくれるのですが、毎日同じ食事メニューというわけにもいきませんし、子供はもともとたくさん量を食べられませんから、たとえば夜ご飯がうどんなどの場合、「ほとんど栄養らしい栄養をとっていないなぁ」という状況もあったのです。

そんなとき、セノビックの存在を知り、

「身長を伸ばしてあげたい」

というよりは、

「バランスよく栄養をとるための手段」

としてセノビックを飲ませ始めたのです。

味も子供が好むココア味だったこともあり、いつのまにかセノビックを飲むことが習慣になっていった子供なのですが、結果的に栄養バランスが向上したことと、規則正しい生活リズムを送ることに貢献してくれたので、小学校に上がった頃には平均身長に追いつき、小学校低学年を終える頃には、クラスでも後ろから数えたほうが早いくらいの身長になってくれました。

もちろん、セノビックを飲ませたから背が伸びたのではなく、ふだんの食事にセノビックをプラスしたことと、しっかり運動をしたことと、十分な睡眠時間があったことなど、様々な要因が重なって身長が伸びたということなので、必ずしもセノビックのおかけというわけではないと思います。

それに、あくまでも個人の感想なので、すべての人に効果が感じられる製品ではないのかもしれません。

しかし、セノビックのような「成長期の子供が不足しがちな栄養素」をピンポイントで提供してくれる商品は少なく、少なくともわたしに関していえば「セノビックには十分お世話になった」と感じています。

そのため、仲のいいお母さんや妹などの身内には

「セノビック、なかなか良かったよ」
「何袋かあるから、試しに飲んでみなよ」

とプレゼントしたり、奨めることも多かったです。

たいていの子どもは好き嫌いがあるものですから(苦笑)、どこのご家庭のお母さんも子供の偏食には頭を悩ませていたようなのですが、

「へぇ~、そんな商品があるんだねぇ」
「ついでに牛乳も飲んでもらえるからちょうどいいわ」
「魚をぜんぜん食べないから、カルシウムが摂れていいかもね」

と喜んでくれることが多かったです。

もっとも、スーパーやドラッグストアなどで市販されていないことに関しては

「いちいちネットで注文しないといけないのがちょっと面倒臭いね」
「ネスカフェのミロとか、市販のココアに比べるとちょっと割高よね」

といった声もありましたが、おおむね好評でした。

セノビックの口コミや評判は?

わたし個人でいえば、

・味がおいしい
・値段もまあまあ手ごろ
・子供が自分で楽しんで作ってくれる
・飲んだらすぐ寝るという習慣が身に付いた
・朝と風呂上がりの2回飲むというパターンがちょうどよかった

など、好意的な感想(口コミ)を持っているのですが、わたしと同じようにセノビックを買ってみたユーザーさんはどう思っているのか、口コミをざっと拾い集めてみました。

周りのお友達に比べて体格が小さいので飲ませ始めましたが、学校の定期検診によると1年で7センチ以上伸びているので、効果はそこそこあったのかなって思います。
まだ飲みはじめて日が経っていないので目に見えて背が伸びたということは全然ありませんが、朝の忙しいときに食べる時間がないときにセノビックだけでも飲んで学校に行かせているので、最低限の栄養補給にはなっているのではないかと思っています。
類似商品がけっこうあるけど、やっぱりロート製薬がつくっているっていう安心感がいちばん。TVCMでもよく見かけるし、もはや定番って感じです。
色々な味があるのが嬉しい。さすがに一種類だけだと飽きるけど、気分を変えてバナナ、ポタージュ、ココア、イチゴと色々あるので助かる。でも、ヨーグルト味はちょっとイマイチかな。

など、個人差はあるものの、それなりに評価されているようです。

もちろん、よい口コミばかりではありません。

たとえば、セノビックの悪い口コミには、以下のような意見もあります。

牛乳で溶かさないといけないのが面倒くさいうえ、牛乳代もかかるので意外と割高に思う
3ヶ月ほど続けてみたが、ぜんぜん効果が感じられなかったのでやめた
甘すぎて甘ったるい。虫歯になりそうなので小さな子供には向いていないように感じた
糖分が入っているので太りそう

どんな製品でもべた褒めというわけにはいかないと思いますので、悪い評価があることも確かですが、いずれにしても日本を代表する製薬会社がつくっている製品という信頼感は非常に大きいようです。

それゆえに効果への期待も大きかったのではないかと思います。

ほかにもツイッターなどでは、

「昔飲んでたから懐かしい!」

といった声などもみられましたが、さすがにこれだけ長い間販売されていると、当時10歳くらいだった子供さんが成人になっているっていうパターンもありますものね。

セノビックは何歳から?

セノビックは何歳から飲めるのか?という問題ですが、そもそも粉末状の食品にすぎないものですので、とくに推奨年齢はないようです。

ロート製薬に問い合わせても、とくに年齢制限はないとのことでしたが、経験上からすると早くても4歳くらいからが妥当なのではないかと感じました。

というのも、一回に飲む量が、牛乳150mlにセノビック8gとありますので、あまり幼い時期だと多すぎて飲めないと思うからです。

また、1日にコップ2杯を目安に飲むことになっていますので、やはり幼稚園の入学前後くらいの年齢が妥当なのではないかと思います。

我が家の場合も、幼稚園の年少くらいから飲みはじめたのですが、さすがに2歳や3歳くらいだと、麦茶にしてもほうじ茶にしても、なかなか思うように飲んでくれない感じで、

「もうちょっと大きくなってからじゃないと、そりゃ無理だわな」

なんて思ったりもしていました。

朝食時に1杯飲んで、風呂上がりに1杯飲んでというパターンで続けましたので、あまり早すぎる時期だと逆効果というか、もったいない気もします。

それに、砂糖が入っていますから、虫歯の心配もありますので、無理に早くから飲ませる必要はないのではないかと思います。

そもそもセノビックって?なぜこんなに人気が出たの?

セノビックが発売されたのは2007年のことですが、当時は子ども向け・成長期向けのカルシウム飲料がほとんどなかったのです。

牛乳に溶かして飲む健康ドリンクの類は、古くからの定番商品としてネスレのミロなどがありましたが、子供の成長期向け市場に特化した商品自体がほとんど見当たらない時代だったのです。

からだの成長にカルシウムが重要なミネラルであることがよく知られていることですが、毎日の食生活で十分なカルシウムを摂取することは意外と難しいものです。

そこで、カルシウムの摂取に重点を置いたセノビックは唯一無二の存在として、知る人ぞ知る人気商品となっていったのですが、セノビックがヒットした背景は、じつはそれだけではなかったのです。

カルシウムとビタミンDの関係

日光がビタミンDに作用してカルシウムの吸収を助ける様子

セノビックの大きな特徴は、カルシウムだけではありません。

脇役となっている、ビタミンD、オリゴミル、ボーンペップが大きなカギを握っているのです。

体内に取り込まれたビタミンDは、日光(紫外線)を浴びることでビタミンD3に変わったあと、肝臓で活性型ビタミンDに変化します。

その活性型ビタミンDが小腸に働きかけることで、からだが食べ物からカルシウムを吸収する働きを高めてくれるのです。

ちょっとややこしいですが、こういうイメージだと思ってください。

1.セノビックを飲む
2.カルシウムとビタミンDが供給される
3.肌が紫外線を浴びることでビタミンDがD3に変わる。
4.ビタミンD3が活性型ビタミンDに変わる。
5.活性型ビタミンDでパワーアップした小腸がカルシウムを吸収する
6.血液にカルシウムが溶け込む
7.カルシウムたっぷりの血液が骨にふりかかる

また、ボーンペップによって骨の成長速度が向上する効果が期待できるとされていますし、オリゴミルによって栄養素の吸収性能が向上する効果が期待できるとされています。

ようは、骨がカルシウムをたっぷり含んだ血液のシャワーを浴びるわけです。

こんなふうに、セノビックは、骨の素となるカルシウムの補給はもちろんですが、いかにカルシウムを骨に吸着させるかを徹底的に研究された製品だといえるのです。

また、鉄分やビタミンなども配合されているため、子供の身長で悩んでいた親御さんたちの間で話題になり、隠れた人気商品となったのです。

ビタミンDが豊富に含まれる食品としては、乾燥あらげきくらげカツオの塩辛、あんこうの肝、はぎの開き干し、しらす干し、いかなごの煮干しなどが挙げられますが、たぶん大半の幼稚園児・小学生はあまり好きな食品ではありませんよね。

どちらかというと大人、それも、お酒のおつまみとして最適そうな食品が多いので、ふだんの食事で十分なビタミンDを摂取させることは難しいと思います。

そうした点で、セノビックは「かゆいところに手が届く」最適な商品として、不動の地位を築いたともいえます。

セノビックにはどんな成分が含まれているのか?

以下の画像はセノビックのミルクココア味のパッケージの裏面です。

セノビックのミルクココア味

カルシウムはもちろんですが、鉄分、ナトリウム、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、タンパク質、炭水化物などのほか、ボーンペップ、ミルクペプチドが含まれていることが分かると思います。

いずれもおなじみのビタミン・ミネラルだとは思いますが、ボーンペップやミルクペプチドについては、あまりなじみがないものかもしれません。

そのため、さらにくわしい解説を行っていますので、もしも気になるようでしたらご覧になってみてください。

ボーンペップとはなにか?

セノビックの副作用は?

セノビックはそもそも薬ではないので副作用などはありません。

しいて言えば、アレルギーの心配です。

セノビックは牛乳に溶かして飲む製品ですから、牛乳が苦手だったり、アレルギーを持っていると、セノビック以外の製品を利用することになります。

また、ボーンペップという卵由来の成分が入っているため、卵にアレルギーがある場合もだめです。

説明書きにもありますが、原材料の一部に卵、乳を含んでおり、製造ラインでは小麦、落花生、えび、かに、牛肉、豚肉、鶏肉、ゼラチン、さば、いか、さけ、オレンジ、りんご、バナナ、やまいも、まつたけ、ごまを含む製品を生産しているとありますので、上記に該当するアレルギーをお持ちの場合は、アレルギーフリーの製品を選んだ方がよいと思います。

セノビックの副作用に関してもっと詳しく知りたい場合は以下に詳しくまとめてありますので合わせてご覧ください。

セノビックの副作用は?

セノビックはどこで買うべき?

もともとセノビックはロート製薬の通販限定商品となっているので、ロート製薬の公式サイトから購入する以外にありませんが、じつはアマゾンや楽天でも購入することが出来ます。

ただ、アマゾンや楽天から購入すると、ちょっと残念な結果になってしまうのです。

たとえば以下の記事はアマゾンでセノビックを購入したときの様子をレポートしたものですが、公式サイトから購入したときと比べて、ずいぶん見劣りするパッケージ内容になっていることが分かると思います。

セノビックをAmazonで購入すると損する理由とは?公式サイト経由とパッケージの豪華さが雲泥の差でワロたwww

値段はほとんど変わらない(公式サイトの方が安い)にもかかわらず、これだけ見劣りしてしまうと、公式サイトから購入しない理由が見当たらないくらいなのですが、楽天ポイントを消化したいという事情があったり、アマゾンで購入することが鳴れているという場合には良いと思います。