セノビックを3年間飲んでみた効果と結果~当時4歳だった娘の身長はどうなったか?

セノビック

セノビックって、本当に効果があるの?

セノビックという成長期応援飲料をご存知ですか?

セノビックのミルクココア味

セノビックは、パンシロンやメンソレータム、肌ラボシリーズなどで有名なロート製薬(1899年に創業)が、自社サイトのみで販売している健康食品のひとつです。

セノビックの公式サイト

ネスカフェのミロや、プロテインのように、牛乳に混ぜて飲むことで、ふだんの食生活だけでは不足しがちなビタミンやミネラルを効率的に摂取することができる粉末ドリンクです。

わたしのこども(娘)は平均身長よりかなり低かったので、知人のススメもあって飲みはじめたのですが、果たして身長を伸ばす効果はあったのでしょうか?

セノビックという商品の解説を行いながら、どのように飲ませて、どのような変化があったのかを、口コミ・レビュー形式でご紹介してみたいと思います。

セノビックの歴史はかなり古く、発売は2007年4月。当時は九州地区限定で店頭販売されていました。

やがて通販専用商品となり、2018年現在では発売から11年を迎える超ロングセラー商品となっています。

いまでこそ子供向けのサプリ市場は広がりましたが、セノビックが登場した頃は、本当に画期的でした。

セノビックの大ヒット以降、類似製品やライバル製品がたくさん登場しましたが、セノビックもこの11年の間に様々な改良(容量、パッケージ、成分)が加えられ、現在も不動の人気を誇っています。

子供向けの身長サプリという市場を生み出したオピニオンリーダーかつパイオニアとして、類似製品の追随を許さない大ヒット商品ですから、小さなお子さんをもつ親御さんの間では名前くらい聞いたことがあるかもしれません。

発売当初は、ミルクココア味、バナナ味、ヨーグルト味の3種類しかありませんでしたが、後になって期間限定として発売されたコーンポタージュ味、いちご味がレギュラーメニューに加わり、現在は5種類となりました。

セノビックのラインナップ。5種類の味がある。

※ちなみに2017年4月には、期間限定の抹茶味も加わったため、セノビックには6種類の味が存在するのですが、抹茶味はレギュラーメニューにはならず、2017年9月には販売を終了しています。

よって、現在でも購入できるセノビックお種類は、ミルクココア味、バナナ味、ヨーグルト味、コーンポタージュ味、いちご味の5種類ということになります。

TVCMもユニークなものが多く、とくに「ゲッツ!」の決め台詞で有名なダンディ坂野さんが出演するバージョンは、2015年前後は非常によく流れていました。

セノビックのTVCM

タケモトピアノのTVCMも風変わりな曲調で話題を集めましたが、このセノビックのTVCMもとても印象的だったので、いまでも記憶にある方も多いのではないでしょうか。

ここ最近では人気アニメ「ちびまる子ちゃん」などの子ども向け番組のスポンサーも始めたようで、新バージョンのTVCMを目にする機会も増えてきました。

セノビックは牛乳に溶かして飲むノーマルタイプのほかに、水に溶かして飲むスポーツドリンクタイプの「セノビックウォーター」もありますが、こちらは夏場の水分不足対策に主眼をおいたものなので、知名度を生かした派生商品といえるかもしれません。

よって、このページでは牛乳に溶かして飲む、ノーマルバージョンのセノビックを中心に紹介していますが、わたしとセノビックとの付き合いは古いもので、最初に飲ませ始めてから、早いものでもう5年以上が経ちました。

幼稚園児だった娘にセノビックを飲ませ始め、それから半年ほど経過したあたりから記事の公開し始めたのですが、やがて1年が経過し、3年が経過し、現在ではセノビックを飲ませ始めて6年目になります。

結論から言えば、「あのとき、飲ませておいてよかったなぁ」という感想をもっていますが、あくまでも個人的な感想なので、全ての人におすすめできる製品とは言えないかもしれません。

そのことを踏まえて読み進めていただければと思うのですが、セノビックにお世話になったファンとして、セノビックがどのような製品なのかを書き綴ってみたいと思います。

わたしがセノビックの記事をはじめて公開したのは2011年の秋ですが、セノビック自体も何度か改良がくわえられていて、2017年秋には大幅な製品改良が行われています。

そのため、ページ下部に追記をしていく形で記事を更新をしつづけています。

こどもの身長がぐんぐん伸びて行った時期は、こんな感じの身長の記録シートを自作して、風呂に入る前に毎日書き込んでいたのですが、今となっては良い思い出となっています。

身長と体重を記録するシート
自作の身長記録シートです。こちらからダウンロードできるようにしていますので、もしよければ使ってやってください。

なにぶん愛飲歴がながいので、やたらと文章が長かったり、すでにご存じのことが含まれていたり、内容が前後して読みにくい個所があるかもしれませんが、大袈裟に書くことも、ベタ褒めすることもなく、セノビックを自分の子どもに飲ませてみてどうだったのかを率直に書いてみました。

当時のわたしがそうだったように、こどもの身長が気になっているお父さんやお母さんの参考になればうれしいです。

ただし、記載していることは、あくまでもわたし個人(私の娘)の感想であり、個人的な口コミです。

よって、もしかしたらセノビックを飲んでいなくても結果は同じだったのかもしれません。

それでも、偏食気味で好き嫌いの多かった娘にとっては、セノビックの存在は非常にありがたかったのです。

なぜなら、牛乳を常飲する習慣がついたり、飲んだ後はすぐに寝るという規則正しい生活習慣をさせる手立てにもなってくれたからです。

記事の前半はセノビックという製品自体の説明になるので、すでにセノビックのことをよくご存知の方にってはちょっとたいくつな内容かもしれませんが、セノビックという製品をより詳しく理解していただくつもりで、ざっと目を通して読み進めてくだされば嬉しいです。

セノビックの種類と味について

前述のとおり、5種類のフレーバーがあるセノビックですが、一番人気は定番のココア味です。

メーカー発表でも売り上げナンバー1のフレーバーとなっています。

牛乳との相性や、ホットでもコールドでも美味しく飲めるという使い勝手の良さからだと思いますが、じつはミルクココア味だけに含まれている成分にも、人気の理由がありました。

それが、オリゴミルという成分です。

オリゴミルは、牛乳から作られたアミノ酸の一種なのですが、からだが栄養を吸収する効率を促進する働きがあるのです。

ミルクココア味にのみオリゴミルが入っている

成分表もパッケージ裏にしっかり表記されているので安心です。

セノビックの袋の実物

ちなみに2017年11月にフルリニューアルされた新セノビックでは、すべてのフレーバー(ミルクココア味、イチゴ味、バナナ味、ヨーグルト味、コーンポタージュ味)にオリゴミルが配合されるようになったため、フレーバーの違いによるオリゴミルの有無はなくなりましたが、当初はミルクココア味にしかオリゴミルは含まれていなかったため、ほとんどの人がミルクココア味を選んでいたようです。

セノビックは牛乳に溶かして飲むものですので、冷たい牛乳にもあたたかい牛乳にも相性が良いミルクココア味は使い勝手が良かったという点も人気の秘密だと思っています。

それに、味の良さも人気に一役買っていたのだと思います。

一般的にカルシウム系のサプリは、カルシウム独特のほろ苦さがあるものなのですが、セノビックのミルクココア味のはものすごく美味。

市販のココアとほとんど変わらないテイストなので、ホットでもコールドでも、非常においしく飲むことができます。

バンホーテンのような濃厚な大人向けのココア味ではなく、学校給食で良く見かけるミルメークや、ネスカフェのミロのような、あっさりした薄めのココア味なので、のどにひっかかる感じもありません。

もしもセノビックであることをナイショにしておいたら、普通のミルクココアを飲んでいるとしか感じられないと思うほどです。

こうしたカルシウムサプリの類は、からだづくりが活発に行われる成長期に飲むことが望ましいとされていますが、ロート製薬に問い合わせて聞いてみたところ、大人やシルバー世代が飲んでもまったく問題ないとのことだったので、子供のいっしょに頑張る意味合いも兼ねて、わたしも子供といっしょに飲んでいました。

一般的に、カルシウム系サプリは、カルシウム成分独特の、石灰のような、ほろ苦い風味があるものなのですが、セノビックはそうした苦みは一切ありませんでした。

セノビックの他にも、タブレットやグミタイプのカルシウムも試してみたのですが、どうしてもカルシウム成分の独特の苦みがあるため、まだ幼稚園~小学1年生だったこどもにはキツかったようで断念。

それに引き替えセノビックは、小さな子供向けに調整されているのか、カルシウムの苦みが一切感じられなかったので、子供が気に入りそうな味付けがされているのだと思います。

溶けやすさに関しても、ホットで飲む場合は、暖かい牛乳ならそのままざっと入れてしまえばすぐに溶けます。

コールドとして飲む場合でも、あらかじめ少量のお湯で溶かしておいたり、少量の牛乳を電子レンジで少し温めて溶かしておけば、冷たい牛乳にもよく溶けます。

この動画は、じっさいにセノビックを牛乳に溶かしているところを撮影したものですが、割とさっと溶けることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ちなみに現在発売されている新セノビックは、溶けやすさに改良がくわえられていますので、冷たい牛乳でも溶けやすくなりました(ダマになりにくくなりました)

味に関していえば、やはりミルクココア味がいちばんおいしく感じます。

はじめてセノビックを注文したとき、「色々な味があるほうが飽きにくいだろうから」と思ってヨーグルト味もバナナ味も頼んだのですが、ミルクココア味以外はイマイチでした。

大人のわたしからすると、バナナ味やヨーグルト味も悪くないとは感じたのですが、こどもはあまり気に入らなかったみたいなのです。

セノビックのバナナ味とヨーグルト味

というのも、バナナ味にはプロテインが含まれているためか、微妙に豆乳っぽい風味がするようで、我が家ではほとんど飲んでくれませんでした。

また、ヨーグルト味は甘酸っぱさがかえって嫌だったようで、やっぱりこれも気に入ってくれませんでした。

たしかにヨーグルト味をホットで飲むのは苦痛だったかもしれません(苦笑)

冷たい牛乳で飲むのなら好みに合わせて選んでよいと思いますが、バナナ味、ヨーグルト味、いちご味はホットミルクとの相性が悪いので、もしも通年を通して飲むのなら、ココア味を選んでおくのが無難だと思います。

ということで、2回目以降の注文分からは、ミルクココア味だけを注文するようになりました。

カルシウムとビタミンDの絶妙なバランス

カルシウムは非常にポピュラーなものなので、今さら珍しくも何ともありませんが、ロート製薬のセノビックがここまで突出して支持されているのは、ロート製薬独自の工夫があったからだと言われています。

もちろん、広告上手だったという側面もありますが、やはりそれだけではここまで人気になることはなかったのです。

多くの方が知っているとおり、カルシウムは骨や歯の素となる重要なミネラルです。

けれども、カルシウムが直接的に骨を作るわけではありません。

正しくは、血液のなかに含まれるカルシウムが骨にくっつくことで骨が作られていくのです。

ただ、カルシウムはもともと吸収されにくいミネラルといわれています。

そのため、いくらカルシウムだけを熱心に摂取しても、たくさんの取りこぼしが起きてしまいます。

そこでロート製薬は、ビタミンDの存在に着目したのです。

なぜならビタミンDは、カルシウムの吸収を助けてくれる役割をもっているからです。

また、鉄分やビタミンなども配合されているため、子供の身長で悩んでいた親御さんたちの間で話題になり、隠れた人気商品となったのです。

余談ですが、ビタミンDが豊富に含まれる食品としては、乾燥あらげきくらげカツオの塩辛、あんこうの肝、はぎの開き干し、しらす干し、いかなごの煮干しなどが挙げられますが、たぶん大半の幼稚園児・小学生はあまり好きな食品ではありませんよね(苦笑)

どちらかというと大人、それも、お酒のおつまみとして最適そうな食品が多いので、ふだんの食事で十分なビタミンDを摂取させることは難しいと思います。

セノビックはどこで購入できるのか?

テレビCMをやっているくらいなので、スーパーやドラッグストアなどの店頭でも販売しているかのような印象を受けますが、セノビックを購入できる唯一のルートは、ロート製薬の公式ショッピングサイトだけです。

アマゾンや楽天で販売されているのを見かけたことがあるかもしれませんが、すべての製品がロート製薬やアマゾンが公式販売しているものではありません。

利ざやを稼ぐために転売されている商品や中古品を買ってしまうと、内容や品質に不備があった場合でも一切の保証が受けられませんし、価格も高めに設定されていることが多いので、特別な事情でもない限り、公式サイト以外での入手はおすすめできません

ただ、意外と「ロート製薬の公式サイト以外では流通していない(正式に販売していない)」ということを知らないユーザーも多く、アマゾンで購入してしまったユーザーからは、

「知らなかったと言え購入して失敗した」
「ロートの通販で買ったらよかった。この価格だと倍です」
「こんなところで買うんじゃなかった!自分が嫌になる!」

などの残念なレビューが多数並んでいます。

ただし、セノビックという製品自体への評価はおおむね良好なものばかりで、名の知れたメーカーへの安心感や、飲みやすさに期待して購入されている親御さんが多く見受けられます。

「牛乳が苦手な子供でも毎日飲んでくれている」
「作り方が簡単なので子供も喜んでくれている」
「少しでも子供の成長に役立てばありがたい」
「とりあえずは3ヶ月は続けてみようと思う」

など、セノビックへの期待が伝わってくると同時に、親御さんの気持ちが微笑ましく感じられる感想がたくさん寄せられています。

おそらく幼児園から中高生までのお子さんをお持ちのお母さんが書いていらっしゃるのだろうと思います。

ちなみに余談ですが、2016年ごろまではロート製薬と無関係な第三者が転売目的でアマゾンや楽天市場で乱売している状況でしたが、現在はロート製薬自身がアマゾンや楽天市場にセノビックの公式ショップを構えるようになりましたので、法外なプレミア価格で購入させられる被害ははなくなっています。

でも、アマゾンや楽天のようなショッピングモールで購入するくらいなら、ロート製薬の公式サイトで購入したほうが、ぜったいにお得なんです。

というのは、理由が2つあるからです。

1つ目の理由は、価格です。

楽天市場やアマゾンでの販売価格は定価(1296円)のため、もし一か月以上つづける予定(2袋以上購入する予定)がおありでしたら、後述するロート製薬の公式ショッピングサイトでご購入される方が価格的にはちょっと有利です。

セノビックは1袋が14日分なので、一か月だと2袋使いますから、ほとんどの方が2袋ずつ購入しますが、そうするとアマゾンでの販売価格は2300円になります。

一方で、下記は公式サイトでセノビックを購入するときのショッピングカートの様子ですが、2袋を購入しても送料・税込で2160円なので、送料無料のアマゾンプライムで2袋を購入するよりも、ちょっと安くなっています。

セノビックをアマゾンで飼わないほうが得な理由

セノビックに限った話ではありませんが、公式サイトで購入したほうがたいていの場合でお得になっているのは、ショッピングモール(アマゾンや楽天、ヤフーなど)側に販売手数料を支払う必要がなく、値段のコントロールがしやすいという金銭的な事情のほか、購入してくれたお客さんにいろいろな案内物を同梱しやすいからという広告事情があったりするためです(苦笑)

金額的にはあまり差は少ないのですが、公式サイト経由で購入した場合だけオマケがついていたりと、ちょっと有利に購入できるようにはなっていますので、わたしは公式サイトでの購入をおすすめします。

うさん臭い商品を購入するときはアマゾンで購入したほうが返品が楽なのですが、ロート製薬ほどのちゃんとした企業のショップの場合、むしろトラブル時の返品や返金もスムーズなので、とくべつな事情がない限りは公式ショップ経由でのお買い物をおすすめします。

2つ目の理由は、公式ショップ経由で買うと、特典が豪華だからなのです。

セノビックをアマゾンで買うと、こんなに損してしまう実例

上記でも記載したように、アマゾンで2袋購入しても、公式サイトで2袋購入しても、金額的な差はたしかに微々たるものだと思います。

そのため、「ふだん買い慣れているアマゾンで買おう」と考える人もいると思うんです。

でも、アマゾン内のロート製薬ショップと、ロート製薬の公式ショップで購入したときとでは、送られてくる内容物に、ものすごい差があるのです。

どれだけ見劣りするかは別記事の【セノビックをAmazonで購入すると損する理由とは?公式サイト経由とパッケージの豪華さが雲泥の差でワロたwww】でもくわしく力説していますが、同梱されるオマケの豪華さが雲泥の差過ぎて、ちょっとやるせない気持ちになってしまうんです。

公式サイトで購入した経験のある人間からすると、

「え?!アマゾンで買うとこれだけしか入ってないの?」

と笑ってしまうほどにショボいのです。。。

下の写真は、アマゾンでセノビックを購入したときの内容物なのですが、当然のごとくセノビックしか入っていません。

アマゾンでセノビックを買うと、セノビックしか入ってない

セノビックを購入したのだから、当たり前といえば当たり前なのですが、ロート製薬の公式サイトから購入すると、こうなのです。

ロート製薬のセノビック公式サイトから購入すると、おまけが豪華

計量スプーンもついているし、くわしい飲み方を解説した説明ガイドブックも入っているし、オリジナルレシピが掲載されているお役立ち新聞も入っているしで、内包物がかなり豪華なのです。

もちろん、広告物の類も入っているので、ぜんぶが嬉しいオマケというわけではありませんが、付属してくる計量スプーンは子供が自分でつくるためには便利ですし、ラミネート加工された飲み方ガイドは防水加工もされているので、キッチンに置いておいても濡れても大丈夫だし、初めてセノビックを飲む方であれば「はじめてのセノビックガイド」は一読の価値があります。

公式サイトとアマゾンとの差

よって、2回目以降に購入する時だとか、しばらく飲んでいなくて久々に買ってみようと思った場合はいいと思うのですが、少なくとも初めてセノビックを買う場合や、2袋以上買おうと思っているのであれば、公式サイトから購入したほうが絶対に満足度が高いので、その点だけ覚えておいていただければと思います。

セノビックは店頭で購入することができるか?

冒頭でも記載したとおり、セノビックは2007年の発売当初は、九州地区限定で発売されていました。

ロート製薬に問い合わせてみたところ、発売当時はドラッグストアなどで店頭販売もされていたそうですが、全国販売が決まった段階で店頭からは姿を消し、通販限定商品となりました。

もともとセノビックはロート製薬公式サイトのみで購入できる通販専用商品として開発された製品なので、店頭販売はあくまでも一時的なテストマーケティングの一環だったのではないかと思われますが、現在はマツモトキヨシやドンキホーテなどのドラッグストア、ディスカウントストア、量販店などでの入手は一切不可能となっています。

どのくらいの数が売れているのか?

公式サイト以外や、ドラッグストアやスーパーなど、オフライン(店頭)では購入できないにもかかわらず、超大ヒット商品となっています。

セノビックが通販で発売されて間もない2011年の暮れごろ、ロート製薬の広報担当に「どの程度売れているのか」を尋ねてみたことがあります。

企業秘密でもあることなので、月間の出荷量・販売数については教えてもらえませんでしたが、販売開始からシリーズ累計で、当時すでに180万袋の販売実績があると教えていただきました。

それ以降も売れに売れて、2012年の初めごろの段階で220万袋。

2013年には380万袋。さらに2014年現在は550万袋を達成し、2015年度には800万袋、2017年には1000万袋を突破したとのこと。

しかもこの数字、実際にはもっと売れているといえそうです。

というのは、発売後に行われたリニューアルで「従来の2袋分を1袋にした大袋仕様」に切り替わったため、実際には2倍でカウントすべきだともいえるからです。

セノビックの旧パッケージと、新パッケージ。内容量の違い以外の差はない

量販店やドラッグストアでの店頭販売を行わず、ネット通販だけでこの数字というのは驚異的で、いかに隠れたヒット商品なのかがうかがえます。

このことは、ロート製薬の投資家向情報(株主向けの説明資料)にも明記されていますが、同社の株価にも影響を与えるほどの大ヒットになっているようです。

単発購入だけではなく、定期購入をしている人も多数いますので、必然的に出荷数は伸びるのだと思われますが、それでもこの売れ行きは異例中の異例。

店頭で見かけることが無いにもかかわらず、これだけの出荷数をたたき出しているからには、それだけセノビックの効果への期待が大きいのかもしれません。

発売間もないころはネット上でも口コミらしい口コミもひろがっていませんでしたが、これは「自分の子供だけこっそり飲ませたい」という気持ちが働くのかもしれず、できることなら、「ほかの人にはあまり知ってほしくないアイテム」ということかもしれません。

ロート製薬の「成長期の骨を研究して生まれた栄養機能食品」という説明にもあるとおり、完全に子供向けの商品ですが、子供の成長期に合わせて開発されたという経緯からも、「こどもを気遣う親心」をわしづかみにする商品ということになりそうです。

価格とコストパフォーマンス

セノビックの1袋あたりの実売価格は約550円程度とお手ごろ→現在は、内容量が2倍になって1000円の大型パックに統一改訂されています。

飲むときは、牛乳150mlあたりに対して、小スプーン山盛り2杯(約10g)とありますので、実質14杯分。→こちらも同じく、28杯分ということになります

税込1080円で28杯分なので、一杯あたり約38円ということになります。(牛乳の値段は含めていません)

イワシやちりめんじゃこなどはカルシウムが多い食品ですが、なかなか毎日摂取するのは難しい食品です。

それに、背が伸びる時期は長い人生のごく限られた期間しかありませんので、こうした製品で不足しがちなカルシウムを効率よく吸収させておくことは、後々まで大きな差となってあらわれるといわれています。

いわし

我が家ではは、こども本人がココアの代わりとして気に入っているようなので継続して飲ませていますが、セノビックの効果が出ているのかどうかは、いまのところ(※3か月現在当時)まだ分かりません。

ただ、骨にカルシウムを蓄積できるのは若い間しかありませんから、骨のための貯金だと考えれば、安い投資かもしれないと思って飲ませています。

※その後、5年以上にわたって飲ませ続けることになりましたが、その効果や結果については本文最後に追記として後述しています。

いつ、どのくらい飲ませるとよいのか?

セノビックを飲む最良のタイミングですが、とくに決まりはありません。

ただ、規則正しい生活の助けにもなると思い、現在は朝食時と就寝前に飲ませています。

朝に飲ませることができなかったときは、風呂上りと、就寝前に飲ませることにしています。

風呂上りのときは冷たい牛乳で、就寝前はあたたかい牛乳で飲ませます。

就寝前の牛乳は、たんぱく質の効果で別名「ナイトミルク」とよばれるほどの安眠効果がありますが、骨も寝ている間に成長するものなので、一石二鳥を狙ってのことです。

寝ている間に急にビクッとして目が覚めてしまう経験をされた人も多いかと思いますが、あれは背骨が1ブロック伸びた時の現象だといわれています。

身長を伸ばしてやりたい思いから飲ませ始めたものですが、よくよく考えてみれば、頭も、腕も、足も、胸も、骨によって守られていますから、なるべく若い間に骨へのカルシウム貯金をしておくのは大切だと思い、継続的に飲ませています。

ここ最近はキレる子が多いと聞きますが、その原因としてカルシウム不足が挙げられていますので、忍耐強く物事に取り組める子供に育てるためにも、セノビックは理想的なサプリだと思っています。

うちでも、つくるのが楽しいのと相まって、すっかり常備ドリンクなってしまいました。

こんな感じのミロっぽい雰囲気で、良い意味でバンホーテンのココアのような大人のコクっぽさがなく、さっぱりしていておいしいです。

量が少なくなってくると粉をすくい取りにくくなるので、柄が長めのスプーンを用意しておくと、より便利です。

内部は業務用牛乳のようなアルミホイルっぽいパッケージ加工がされていて、おまけに袋自体にジップロックのようなチャックが付いているので、湿気を避けることができ、保存や保管も楽で、衛生的です。

どの味を選ぶべきか?

味が5種類もあるので、どの味を選ぶべきか迷うかもしれませんが、もし迷っているならココア味をオススメします。

以前はミルクココア味にしかオリゴミルが配合されていなかったのですが、現在はすべての味にオリゴミルが含まれるようになりました。

よって、味の違いによる栄養素の違いはないのですが、ホットでもコールドでもおいしく飲める「使い勝手の良さ」から、ミルクココア味がおすすめです。

ちなみに冬場に限っては、コーンポタージュ味もおすすめです。

紙コップで出てくる自販機のコーンスープに味が似てますので、寒い冬の朝食にはとても喜んでくれています。

セノビックのいいところ・気に入っているところ

セノビックを気にいっている点はたくさんありますが、いくつか列挙してみます。

まず1つめは、ロート製薬という日本を代表する製薬メーカーが開発・販売している製品だということです。

健康食品や市販薬だけでなく、病院や調剤薬局などで使われる薬の研究研究開も手掛けているという安心感は絶大なものがあります。

2つめは、栄養バランスが向上するという点です。

好き嫌いが多い子の場合、どうしても栄養が偏りがちになりますが、カルシウム、鉄分、ビタミンD、ボーンペップ、ココア味にのみ含まれているオリゴミルのほかにも、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2なども摂れるため、毎日の栄養バランスが向上する点も素晴らしいと思っています。

オーソドックスな内容成分ですが、だからこそ人を選ばず飲めるよう考えられているので、副作用の心配などがない点も信頼しています。

3つめは、クセのない味だということです。カルシウム独特の苦みがないだけでなく、こどもが喜びそうな味付けになっているので、飲ませることへの苦労がなかったことです。

4つめは、こどもが牛乳を飲む頻度が増えたことです。牛乳に溶かして飲むタイプなので、当然そのようになるわけですが、あまり牛乳を飲まない子だったので、私個人としてはありがたかったです。

ジュースやジャンクフードなどを飲んだり食べたりするくらいなら、セノビックを溶かした牛乳を飲んでお腹を膨らませてくれる方が絶対に体にいいに決まっていますから、こどものおやつとして使うという手もアリかなと思っています。

ほかにも、カルシウムは骨の成長だけでなく、歯を作る原資でもありますから、乳歯から大人の歯に生え変わるまでの間のカルシウム貯金としても有用だと思っています。

どのくらいの期間で効果があらわれ始めるのか?

どのくらいの期間飲ませると実感できるようになるかなのですが、さすがに個人差があると思いますので、なかなか難しい質問だと思います。

そのため、たしかなことはいえませんが、人間の血液は4か月ほどですべて入れ替わるそうです。

また、新陳代謝という言葉はよく聞かれると思いますが、かんたんにいえば細胞の入れ替えということなのですが、このサイクルは約2か月と言われています。

カルシウムは血液を通して骨に送り届けられるものですから、ここから考えると、体質に変化が現れるには、少なくとも4か月くらいはかかるのではないかと思います。

カルシウムをたっぷり含んだ血液がからだ中に循環し始め、その血液を受けた細胞たちが2か月かけて代謝を起こす・・・そんなイメージなのかなぁと思っています。

セノビックの効果はあったのか?我が家の場合

わたしのケースに限って言えば、それなりに恩恵を受けていると思います。

大手製薬メーカーが開発・販売しているという安心感もあってセノビックを飲ませ始めたのですが、わたしはたいへん満足しています

個人的な感想なので、その点はご容赦いただきたいのですが、おかげさまで平均以上の身長に伸びてくれました。

飲ませ続けた様子については、このページの追記に時系列でまとめていますが、うちの子はかなり不利な状況でした。

というのは、嫁は140センチチョイで、わたしも165センチくらい。
さらにどちらの祖父母も身長は低いほうでした。

子供自身は、3歳くらいからとてもよく動く子で、普段の運動量は十分に足りていたと思いますが、眠りが浅いほうで、ちょっとした物音でもすぐに目を覚ましてしまうタイプでした。

骨を伸ばす成長ホルモンは寝ているあいだに分泌されるそうなのですが、あまりに頻繁に目を覚ますので、「伸び悩みはこれのせいなのかなぁ」なんて思うこともありました。

それに、幼稚園時代から牛乳があまり好きではなく、魚も鮭(シャケ)くらいしか食べてくれなかったため、慢性的なカルシウム不足に陥っていることは十分に予測できていました。

ところが、セノビックのおかげで結果的に牛乳を飲んでくれる機会が増え、最低でも毎日2杯(学校給食のあるときは3杯)は飲んでくれるようになりました。

また、就寝前に飲ませる習慣がよかったのか、「飲んだらすぐに寝る!」という一連の流れが生まれて、寝る時間の躾(しつけ)というか、コントロールがしやすくなりました。

「飲んだら寝る」「寝る前に飲む」という儀式的なものですが、幼い子どもへの合図としてちょうどよかったようです。

背が伸びる・伸びない原因はいろいろとあるものだと思いますので、セノビックのおかげで背が伸びたとはいいませんが、セノビックというアイテムがあったおかげで、食生活(栄養バランス)と睡眠環境が改善されたことは、身長に大きな影響を与えたのではないかと思っています。

これからセノビックを始めてみようか迷っている場合は、ひとまず夜に寝る前に飲ませることから始めてみるといいと思います。

あくまでも個人的な感想なので、すべての方に効果があるとは言えないと思いますが、少なくとも飲んで損はないものだと思いますので、迷っていらっしゃるのだとしたら、ひとまず3か月(できれば半年)をめどに試してみるといいと思います。

賞味期限もだいたい1年半くらいありますので、期限内に飲みきらないということにはならないだろうと思います。

↓↓↓下のリンクからセノビックの公式販売ページに移動することができますので、興味があればぜひ試してみてください。

セノビックの公式ショッピングサイトはこちら

追記1:
セノビックに含まれている成分の「卵の殻成分」というのは、セノビックの売りでもあるボーンペップのことを指しています。ボーンペップは、卵黄を酵素分解してペプチド化(※アミノ酸を結合させること。ペプチド化させることで、体内への吸収効率がよくなる)したもの。女性に多い骨粗しょう症の予防に役立つのものなのですが、成長を促す作用があるとされているため、カルシウムと一緒に摂ることで相乗効果を生むことを狙っています。

また、大人が飲んでも意味があるのかをロート製薬に聞いてみましたが、カルシウムを採ることに時期的な摂取制限はないので、成人やシルバー世代でも役立てていただけるのではないかとのこと。(身長を伸ばす意味合いを除けば)、サプリだけを摂るよりも、牛乳と一緒に飲める点でも推奨できるようです。

追記2:
セノビックを飲み始めて半年ほど経ちましたが、身長はそれなりに伸びています。もちろん、セノビックを飲んでいるから背が伸びたというつもりは一切ありませんし、そもそも今が一番の成長期でもあるので、セノビックを飲もうが飲むまいが伸びていたのかもしれませんが、短期間にだいたい5cmほど伸びているので、結果的にはよかったかなと思っています。決まった時間に定期的に飲ませているわけではなく、本人の気が向いたときだけ、自分で作って飲んでいるというのが実情ですが、下手にジュースなどを飲まれるよりは体にいいだろうと思いますので、牛乳が苦手という子供さんにもいいかもしれませんね。

追記3:
さらに半年・・・と、こうした記事を書きながら気づけばもう2年ほど服用させていますが、こどもも大きくなってくると、サイダーやらデカビタやらを飲み始めるので、さすがに毎日とはいきませんでした。でも、朝や風呂上がり、就寝前など、ココア代わりに今でも継続して飲み続け、はや2年。身長はクラスでも後ろから数えた方がはやいくらいの背丈はあるようです。運動習慣や睡眠習慣などの要因も大きいだろうと思いますので、セノビックのおかげだけとは決して思いませんが、不足しがちなカルシウムを手軽にとれるという点では、まぁ安心して与え続けられるので助かっています。
背の低さを気にしているこどもにとっても、「ちゃんと努力している」という心理的な達成感や安心感は得られるだろうと思うので、もしも悩んでいるお子さんがいるのだとしたら「飲んでみるかい?」と誘ってあげると喜ぶかもしれません。

追記4:
はや、3年目に突入。ファミレスのドリンクバーでメロンソーダなどの味を覚えてしまうので、さすがに「麦茶か牛乳かセノビックしか飲んじゃダメ」とはいかず、セノビックを飲む頻度は減りましたが、それでも1日に1回くらいのペースでは飲んでるみたいです。ここまでくると、もう習慣みたいなものです。周囲の子も背が伸びてくるので、特別に背が高いってわけではありませんが、まぁそれなりに平均身長を少し上回るくらいの大きさなので、親としてはちょっと安心しています。もともと、「背の伸ばしたい」という要望だけでセノビックを与えていたわけではありませんでしたが、運動も適度(過剰?)にやってくれているので、やっぱり「採る(燃料)」「動く(刺激)」「寝る(育成)」のバランスが大切なんだろうと思います。

追記5:
はやいものでもうこれで4年目。身長はクラスで中といったところですが、この成長期の時期は背が伸びるかどうかよりも、バランスよく食事をさせて、しっかり睡眠をとらせて、運動もさせて、それでも不足しがちなカルシウムを補うという感じで摂取させるのが一番大切なのだろうなぁとひしひしと感じています。飲む頻度は全盛期に比べると少なくなりましたが、この味をすっかり覚えてしまっているので、特に冬場はココア代わりのように飲んでいます。一般的に、カルシウムは苦味を伴うことが多いようなのですが、このセノビックはそうした苦味がいっさいなく、味がまんまココアなので、いまでも美味しいと感じているようです。

ちゃんとした食事をすることなく、こうしたサプリや健康補助食品だけを与えて身長を伸ばそうと目論むのは危険ですが、成長するにしたがってどうしても好きなものと嫌いなものがはっきりしてくることと、毎日ちりめんじゃこや小魚、めざしなどのカルシウムがたくさん含まれた食事が出るわけではないので、「最近、ちょっと肉ばっかり食べてるなぁ」だとか「外食が続いたなぁ」という土日などは、努めて飲ませるようにしています。ここ最近は飲むヨーグルトを気に入っているらしく、すこし話題になった明治のR-1などをよく飲んでいますが、セノビックを飲むときは結果的にいっしょに牛乳も飲むことになるので、飲むヨーグルトと牛乳&セノビックの組み合わせもなかなかいいんじゃないかと思います。

追記6:
なんだかんだでもう5年近く飲んでます。最初にセノビックに出会ったのが2011年ですから、もうかなりのヘビーユーザーだと自負しております。こどもとしても、「背を伸ばしたいから飲む」というより、「慣れ親しんだ飲み物だから」と習慣化している感じ。風呂上りにパパはチューハイで、こどもはセノビックです。あいかわらずウチではココア味。身長はクラスの真ん中よりチョイ上程度です。体格や身長は遺伝の要素が大きいのだと思いますが、スキーやスケートボードなどでこっぴどく転んでも、骨折などの大きなけがもないので、やっぱりカルシウムをよく摂っているおかげなのかな?なんて考えたりはしています。

追記7:
愛飲歴がとうとう5年を突破しました。今でこそ子供向けの長身サプリは一大市場になっていますが、当時はセノビックくらいしか選択肢がなく、最初の3年くらいは定期購入をしてました。こどもも小学生の高学年になり、当初の目的は達成されたこともあって、現在は定期購入を卒業して通常の単発購入にとどめていますが、幼いころから慣れ親しんだ味だからか、買い置き分が無くなってしばらく経つと、思い出したかのように「そういえばセノビック無い!また買っといて~」と頼まれるような状態です。

食欲の落ちる夏場の朝などは、セノビックを溶かした冷たい牛乳だけという日もありますし、冬場は冬場で、朝食を食べている時間がないときにココア代わりとして飲んでいく日も多くあります。もうずいぶんと長い付き合いのセノビックですが、5年近く付き合っての感想で言えば、「あのとき、飲ませておいてよかったなぁ」という感じです。これからチャレンジされる方も多いかと思いますが、値段も良心的であり、なおかつ危険な成分やあやしい物質も入っていませんので、3か月程度を目安に飲ませてみてはどうかと思います。

追伸8:
ロート製薬の通販サイトは、いままで5000円以上買わないと送料無料にならなかったのですが、送料無料のお試し購入ができるようになったようです。わたし(の子供)が飲み始めたときは、こうした「はじめての人向け」の企画はなかったのですが、現在は送料無料のお試し購入ができるようになってます。一番ノーマル(というか、おいしい)ミルクココア味の2袋セットでコミコミ2160円なので、かなりお得です。正直ちょっとうらやましいです。

追伸9:
本文にもくわしく記載しましたが、最近になって、アマゾンと楽天市場にもロート製薬の公式ショップが設置されました。おそらく転売品を販売する悪質業者対策なのだと思いますが、それゆえにお買い得度はなくって、いずれも定価販売となっています。アマゾンの場合は1袋1296円かつ送料無料で購入できますが、楽天市場に至っては1袋1296円かつ送料までかかるので、楽天市場で購入する意味はほとんどなさそうです。(ポイントの消化目的ならよいと思います)

セノビックは1袋で2週間分なので、1カ月あたり2袋を消費しますが、ロート成約の公式サイトで購入すれば2袋で2160円かつ送料無料で購入できるうえ、公式サイトからの購入ならではの特典(計量スプーンやレシピ新聞などの情報誌)が色々とついてきますので、ロート製薬が自社で運営しているセノビック公式サイトから購入するほうがお得かな?と思います。

追伸10:
セノビックがフルリニューアルされました。ロート製薬では、カルシウム、鉄分、ビタミンD、ボーンペップ、オリゴミル、ビタミンC、ビタミンK2などの独自配合を「カルシウムビッグミックス」と呼んでいますが、これまでオリゴミルはミルクココア味にしか含まれていない成分でした。ところが、11月上旬にリニューアルされた新セノビックでは、全ての味(フレーバー)にオリゴミルが含まれるようになりました。

10周年を迎えてリニューアルされたセノビック
また、従来は小麦粉っぽい粉末だったため、冷たい牛乳では若干溶けにくいという不満点がありましたが、ザラメのような溶けやすい粉末に品種改良されたため、冷たい牛乳でもサラッとカンタンに溶けるようになりました。

発売から10年、1000万袋を突破したからこそのさらなる進化だといえますが、いかにセノビックが多くのユーザーから愛飲されているかがわかるかと思います。

【補足ニュース】
セノビックは、期間限定で500円モニター企画が開催されることがあります。

期間限定といいつつ実際はずっとキャンペーンをやっている不誠実な会社も多いのですが、このロート製薬のモニター企画は、本当にたまにしか行われていないのです。

わたしはセノビックに惚れ込んで、もう6年以上セノビックの記事や公式情報をチェックしていますが、定番商品過ぎて特に広告宣伝活動をしなくとも売れているためか、ロート製薬はこうしたお試し企画をめったに行わないのです。

この記事を書いている(更新している)のは2018年4月15日(日)ですが、この500円モニター企画を見かけたのは、本当に久しぶりです。

以前は2017年の年末にひっそりと募集が行われていましたが、すぐに規定の募集人数に達したのか、すぐに終了していました。

ロート製薬の公式アナウンスによれば、今回もまた1000人限定です。

1000人というと「けっこう余裕があるのではないか?」と思ってしまいがちなのですが、毎回驚くほど申し込みが殺到するようで、今回もまた終了期間を待たずに終わってしまうかもしれません。

このモニター企画の実施はほんとうに気まぐれで、なんの前触れもなく不定期にひっそりと実施されて、知らない間に終わっていることが多いので、かなり珍しい機会だったりします。

送料・税込で500円ポッキリと手は出しやすいものの、10回分(5日分)しかないので、個人的には1か月分の本製品を買ったほうがいいと思いますが、味のチェックや形状を見たいという場合は、まずは500円ポッキリで試せるモニターから始めてみてもいいと思います。

セノビックの500円モニターの申し込み先はこちら


セノビックの本製品購入サイト(公式販売サイト)はこちら

森永製菓が送り込んだ強力な上位互換製品にも注目

つい最近になって、森永製菓から非常に魅力的な製品が登場しました。

名前は「セノビー」という、ちょっとジェネリックなネーミングなのですが(苦笑)、セノビックと同じく成長期向けの健康補助食品で、牛乳に溶かして飲むタイプです。

森永製菓のセノビー

セノビックとの大きな違いは、1日に1杯で良いという点なのですが、含有されているカルシウムの量が3倍近いのです。(セノビックが260mgなのに対して、セノビーは700mg)

また、セノビーはココアパウダーによるココア風味ではなく、本物のココアが採用されている点も大きく違います。

森永製菓は1919年に日本で初めて飲用ココアを世に送り出したことでも知られていますが、本物のココアが採用されていることでココア本来が持つ栄養価を享受できる点が、ココアパウダーで味だけ真似た「ココア風サプリ」とは一線を画するものになっています。

また、セノビックでいうところのオリゴミルに相当するシールド乳酸菌M1(森永製菓の登録商標。免疫力を高める効果が期待できる)や、腸内で善玉菌のエサとなってくれるだけでなく、睡眠の質を高める働きまであるミルクオリゴ糖も含まれているので、栄養価や性能的にはセノビックを上回っています。

それにもかかわらず、セノビックよりもかなり安いのです。

セノビックの定期購入が1か月分で1944円なのに対し、森永のセノビーは1袋(1か月分)が1555円。

おまけに、初めて購入する場合には、初月は1382円。

いつ解約してもいい(1回目でもペナルティ一切なしで解約できるうえ、WEB上からも簡単に解約可能)という良心的な内容。

まさに、「ココアはやっぱり森永」のCMソングに恥じない、森永のプライドをかけた製品ともいえるのです。

セノビックのようにTVCMは一切行われていませんが、森永製菓という絶大なブランドバリューがあるために急速に売れ行きを伸ばしており、セノビック一強時代を切り崩す急先鋒的な存在になっています。

セノビックというブランドにこだわりたい方はセノビックで良いと思いますが、「どうせなら、より性能の良いものを」という方には、セノビーは穴場的な存在だと思います。

セノビー(森永製菓)公式サイトはこちら