セノビックが注目されている理由

セノビック

ロート製薬から発売されている健康補助食品、セノビック。

セノビックのミルクココア味

発売当初は知る人ぞ知る「身長を伸ばす秘密のサプリ」のような存在でしたが、ここ最近はその効果が注目され、いまや出荷袋数は220万袋を超える大ヒット商品となっています。

久々に公式サイトを覗いてみると、なんと800万袋を突破したとのことで、近年まれにみる大ヒット商品になっているみたいですが、あいかわらずネット通販でしか売っていないので、店頭ではぜんぜん見かけません。

ブログやツイッターなどでも、セノビックを飲んでみた報告をよく見かけるようになりました。

セノビックを購入されているのは、やはり小さいお子さんをもつ親御さんが多いようで、子供の年齢も5歳くらいから10歳くらいまでが多いようです。

ご存知の方も多いかもしれませんが、骨が作られる時期には限りがあります。大人になってからどれだけ熱心にカルシウムを採っても、成長期に摂取するときほど効率的には吸収されないのだそうです。

しかし、カルシウムだけを大量に摂取しても、なかなか効率的に吸収はされないのだそうで、そのためにセノビックにはビタミンDなどの「カルシウムの吸収を助ける」ビタミン群も多数含まれているのだそうです。

セノビックが受けているのは、「骨を大きくして、強くする」という、身長を伸ばすために欠かせない骨づくりを2つのアプローチからサポートするからです。

ロート製薬のサイトにも詳しい記載がありますが、成長期の骨は毎日生まれ変わっているといいます。

というのは、骨を壊す「破骨細胞」と、新しい骨を作る「骨芽細胞」が毎日入れ替わっているからなのだとか。
この骨芽細胞がカルシウムを原料としているため、カルシウムを摂取すると骨にいいと言われているゆえんです。

ただし、それがスカスカの骨であっては、体重を支えることができません。中身がしっかりと詰まった骨にするためには、骨にカルシウムが定着させる必要があるのです。
その役割を担うのが、ビタミンDだというわけです。

ただ単にカルシウムを採るだけでは得られない効果を得るために、様々な工夫が凝らされているセノビックですが、さすがは製薬会社が作るサプリは一味違うと言ったところなのかもしれません。

もちろん、牛乳に溶かして飲むという手軽さや、負担になり過ぎない価格、おいしさなど、子供をもつお母さんに受け入れられやすいプロダクトになっていることも忘れてはなりませんが、なにより子供がおいしそうに飲んでくれることが、リピート購入される最大の秘密なのかもしれませんね。

なお、わたし(の娘)が幼稚園から小学校高学年まで飲み続けてきた愛飲レポートは、こちらの「セノビックを3年間飲んでみた結果と効果」という記事にまとめています

じっさいいはもう5年近く飲み続けてきたのですが、味の違いや、効果的な飲み方、飲むべきタイミング、するとよい運動など、色々と書いていますので、参考にしていただければ嬉しいです。